Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

HIV治療に用いられる有名なお薬ツルバダ配合錠のジェネリック医薬品です

有効成分:テノホビルジソプロキシルフマル酸塩(Tenofovir Disoproxil Fumarate) 300mg, エムトリシタビン(Emtricitabine) 200mg





□効果・効能

日本ではツルバダ配合錠というお薬名で販売されているHIV-1感染症のお薬のジェネリック薬となります。

有効成分はツルバダ配合錠と同じテノホビルジソプロキシルフマル三塩とエムトリシタビンで、HIVウイルスの増殖を抑制する効果があります。

現在ではHIVウイルスの抗体を生成するワクチン、およびウイルスを死滅する効果のある医薬品は開発されていないため、可能なことはHIVウイルスの増殖を抑制し、他の医薬品と長期的に併用することが一般的です。




□有効成分

  • HIVウイルスの増殖の抑制



□用法と用量

成人の場合、1日に1錠を服用します。


□副作用

一般的な副作用にはむくみ、発熱、頭痛、口やのどの渇き、けいれん、貧血、胃の痛み、食欲不振、吐き気などがあります。


□特記事項





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

テンビルEM(ツルバダ配合錠ジェネリック)