Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

プリモックス|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

プリモックス

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

プリモックスは日本で販売されているノリトレンジェネリック薬で、有効成分塩酸ノルトリプチリンを配合した抗うつ薬です。気分や意欲の低下に効果があり、抗うつ作用は他のお薬に比べて強力な三環系抗うつ薬に分類されます。

有効成分:塩酸ノルトリプチリン(Nortriptyline Hydrochloride) 25mg





□効果・効能

ノリトレン』のジェネリック医薬品で、気持ちの落ち込み、憂うつな気分を改善し、意欲の低下も改善するうつ病治療薬の抗うつ剤です。

ノリトレンは三環系抗うつ剤に属し、うつ病治療の作用はとても強く、高い効果が期待できる抗うつ剤ですが、反面お薬による副作用がSSRISNRIより出やすい特徴があります。

過度なストレスが原因でうつ病を発症すると、気分が落ち込み、悲観的な考えを持つようになり、仕事、趣味、人間関係など、ゲンキな時は自然に楽しめていたことが億劫になります。

またうつ病の患者は集中力がかける傾向があり、夜ベッドに入ってもなかなか眠れない入眠困難や、深夜や早朝に目が覚めて眠れなくなるなど不眠症の症状がよく現れます。

うつ病の原因は脳内で分泌される「神経伝達物質」のセロトニンノルアドレナリンが低下することで、ノリトレンを含む抗うつ剤は、それら脳内伝達物質の分泌量を増やすことで気分の落ち込み、意欲低下を徐々に改善します。




□有効成分

  • うつ病の治療(気分の落ち込み、憂うつ感、意欲の低下など)



□用法と用量

  • 服用開始時はノリトレンを1回10~25mgを目安に1日に3回服用します。もしくは、1日の服用量を2回に分けて服用することもあります。
  • 服用開始後は症状の改善や副作用に注視し、必要に応じて増量します。
  • 1日の最大服用量は150mg相当以下とされていますが、服用に関しては医師の指示を守ります。



□副作用

主要な副作用は、眠気、口のかわき、めまい、便秘、立ちくらみなど三環系の抗うつ剤の一般的な副作用が出る可能性があります。


□特記事項





□レビュー

よく効きます。
もう使いはじめて3年になります。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

プリモックス 25mg(ノリトレン錠ジェネリック)