Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

クリンダマイシンゲル(ダラシンTゲル)|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

クリンダマイシンゲル(ダラシンTゲル)

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

クリンダマイシンゲルはにきびの治療薬として有名な、ダラシンのジェネリック医薬品です。同じ有効成分クリンダマイシンを配合し、大人にきびにだけではなく、背中にきびもしっかり治療します。お求め安い価格設定が魅力です。

有効成分:リン酸クリンダマイシン





□効果・効能

クリンダマイシンゲル(ダラシンTゲルのジェネリック)にきびの原因であるアクネ菌を殺菌する作用をもっているニキビ治療の有名な医薬品クリームです。

アクネ菌を殺菌することで、初期にきびだけではなく、にきび跡にも効果があるとされています。

にきびに悩む方は国内で250万人いると言われ、その患者数は年々増加傾向にあります。にきびの原因は毛穴の詰まりです。

その毛穴の詰まりの原因として、皮脂の過剰分泌やバランスの悪い食事が影響します。他にもストレスや睡眠不足、ホルモンの乱れから皮脂の分泌が過剰になりにきびの原因となってしまいます。

クリンダマイシンゲルはスイスのガルデルマ社が開発・販売しているお薬ですが、国内の皮膚科で処方される佐藤製薬のダラシンTゲルと同じお薬です。

その効果は臨床試験で証明されています。にきび跡に対しては、53%の方が使用後改善したと報告されています。

抗生物質が入ったジェルのため、その使用方法には注意が必要です。長期間塗ることはよくないとされています。長くても1ヶ月以内の使用に留めてください。

白にきびや黒にきびなど、軽度のにきびには2~3日、おでこや生え際にできやすい赤にきびなどの炎症性のにきびには1週間使用してください。ケロイド状のにきびや背中にきびには、2週間ほど使用してください。

特に背中にきびは治りにくく、市販のお薬やクリームでは治療が難しいとされています。クリンダマイシンゲルを正しく使用することで、肌の露出が増える夏場にも背中を隠さなくてもよくなります。




□有効成分

クリンダマイシンゲルは最も有名で最も使用されているニキビ治療外用薬です。

「ダラシンTゲル」という商品名で広く認知されていますが、クリンダマイシンゲルはダラシンTゲルのジェネリック医薬品です。同成分・効能でありながら安価でお買い得です。

有効成分クリンダマイシンはリンコマイシン系と呼ばれる抗生物質です。細菌の生命活動において必須であるタンパク質合成を阻害することで細菌の増殖を抑制します。

ニキビの原因菌である黄色ブドウ球菌アクネ菌に対して強い抗菌作用を発揮するため、菌による炎症や化膿を鎮めてニキビを治します。

特に軽度~中等度の赤ニキビに有効で、1ヶ月間の使用でおよそ半分の赤ニキビが減少したというデータがあります。 高いニキビ改善効果がありながら副作用もほぼなく安全性の高い薬なので、幅広い年齢層から非常に人気があります。

最近では人気のあまり耐性菌(薬が効かないように変異した菌)の発現が問題視されているため、安易で蔓延的な使用は控えるべきとされています。




□用法と用量

ダラシンTゲルは恐らく世界中で最も多く使用されている大人気のニキビ治療外用薬です。

有効成分としてクリンダマイシンを含有しています。 クリンダマイシンはリンコマイシン系と呼ばれる抗生物質です

。体内に侵入した細菌の生命活動に必須である蛋白質の合成を阻害することで、細菌の増殖を抑制して感染による諸症状を改善します。

そのため、ニキビの原因菌である黄色ブドウ球菌アクネ菌に対して強い抗菌作用を発揮し、菌による炎症や化膿を鎮めてニキビを治癒します。

ダラシンTゲルは特に軽度~中等度の赤ニキビに有効で、高いニキビ改善効果がありながら副作用もほぼなく安全性の高い外用薬です。

広い年齢層から支持されています。 通常、1日2回朝晩の洗顔後に適量を患部(ニキビがある部位)に塗布します。ゲルタイプなので塗りやすくすぐ乾くので便利です。 

臨床実績が非常に多いことから、近年では耐性菌(薬が効かないように変異した菌)の発現が問題視されています。ダラシンTゲルの安易で蔓延的な使用は控えてください。 




□副作用

  • 洗顔後、清潔なタオルでふき取ってください。
  • にきびの発生部位にクリンダマイシンゲルを薄く塗って下さい。
  • 使用は1日2回までです。
  • 化粧水を塗られている方は、化粧水の後に使用してください。
  • 保湿クリームは、クリンダマイシンゲルを塗った後にご使用ください。
  • 背中にきびには、お風呂のあとに使用してください。
  • 抗生物質が含まれた外用薬のため、1ヶ月以上の長期使用は控えてください。
    • 白にきびや黒にきびなどの軽度のにきび:2~3日程度
    • 生え際やおでこにできやすい赤にきび:1週間程度
    • ケロイド状のにきび:2週間程度
    • 背中にきび:2週間程度
  • 2週間以上使用しても効果が見られない場合は、使用を中止してください。
  • アクネ菌以外の原因で炎症が起こっている可能性があります。
  • また効果が認められても、1ヶ月以上の使用は控えてください。
  • 妊娠中の妊婦さんには使用を控えるのが望ましいとされています。どうしても使用したい場合は自己判断せず、産婦人科医や専門医に相談してください。
  • 授乳中の方はクリンダマイシンゲルの使用を控えてください。
  • 成人の方を対象としたお薬のため、中学生や高校生の使用はお控えください。皮膚科専門医を受診の上でご相談ください。
  • アトピー性皮膚炎の方は、担当医や専門医にご相談の上で使用を検討してください。
  • ビタミン類の摂取はにきびが出来にくい肌を作り出してくれます。ビタミンB2やB6をサプリメントなどで積極的に摂られることをおすすめいたします。



□特記事項

クリンダマイシンゲルは「ダラシンTゲル」の薬剤名で有名な、抗生物質を配合したクリームです。

一方のディフェリンゲルは、ピーリング効果を期待した尋常性ざ瘡(にきび)治療剤に分類されるゲル状軟膏です。どちらも医療用医薬品に指定されているため、医師の処方せんが必要です。

ニキビの原因となるアクネ菌に対して、従来は抗菌薬による治療が一般的でした。クリンダマイシンゲルはニキビ治療に汎用される代表的な外用抗生物質です。

一方のディフェリンゲルは、アダパレンという有効成分を配合したニキビ治療専用治療薬として開発され、表皮のターンオーバーを促進することで、目に見えない小さい毛穴のつまりを防ぎ、ニキビの進行を抑える作用を有しています。

国内で2008年に販売された時は画期的なお薬として注目を集め、皮膚科でのニキビ治療においては欠かせない存在となりました。

また、クリンダマイシンゲルとディフェリンゲルを一緒に使用することで、相乗効果が期待されています。

その場合、ディフェリンゲルを塗った後に、クリンダマイシンゲルを塗るのが効果的です。





□レビュー

ダラシンは、昔皮膚科で液体タイプのものを処方されて使っていました。
今回はくすりエクスプレスさんで初めてジェルタイプのものを購入しました。

ニキビのある部分に塗ると、ヒリヒリとした刺激もなく、ひんやり気持ちいい感覚が広がります(皮膚科で処方された液体タイプのダラシンは、アルコールを塗ったような刺激がありました)。
塗った後は塗布した部分がサラサラに乾くので、薬が枕や服につく心配もありません。

赤く腫れてしこりのようになったアゴのニキビも、ダラシンを塗り続けて1週間程度で大分小さくなってきました。
また、私は顔のニキビだけでなく、背中のニキビにもダラシンを使用しています。
ニキビの程度にもよると思いますが、背中ニキビの方は塗って3日ほどでなくなりました。

メイクをする前にもニキビのある部分にダラシンを塗布しています。
直にニキビの上にメイクをするよりも、炎症が抑えられています。

ニキビがあるときって、例えお医者さんが相手であっても、人に肌をじっくり見られるのは苦痛なんですよね。病院の待合室で人の目に晒されるのも。
ダラシンは皮膚科でも処方してもらえると思いますが、私は通販で自分で買える方が気が楽でした。

病院にも行かずに済んで、ニキビも軽減できて、大満足です。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

ダラシンジェネリック(クリンダマイシンゲル)