Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

ミノキシジルタブレット|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

ミノキシジルタブレット

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

発毛・育毛に有効な成分ミノキシジル(Minoxidil)10mgを配合した、ジェネリック医薬品です。経口剤であり塗布に比べて高い効果が期待できます。発毛・育毛効果のあるフィナステリドを含有したAGA治療薬と併用することにより、より高い治療効果が期待できます。

有効成分:Minoxidill(ミノキシジル) 10mg





□効果・効能

コストパフォーマンスに長けた服用ミノキシジルタブレットなら!

ファイザー製のロニテンはミノキシジル10mg配合の有名な飲む発毛剤ですが、そのロニテンの成分と同じ成分、効果効能のお薬が「Ugain 10」です。

当商品には、高濃度ミノキシジル10mgが贅沢に配合されており、目安として男性の育毛に1日に2.5mg~10mgを服用します。

始めは少な目から服用開始しますので、ピルカッターやカッターで1錠を1/4や半分に割って服用します。割って服用できるため、さらに月々の育毛コストを削減できるのがロニテンジェネリックです。

本来は高血圧や心不全の治療薬として開発されたミノキシジルですが、強い発毛・育毛効果が確認されたことにより、発毛剤のトップシェアのお薬として認知されています。

ミノキシジルは血管を拡張させる作用により、血流を良くして髪の毛の細胞分裂を促進させます。髪の成長に欠かせない毛母細胞の分裂スピードを速めることで、育毛効果が証明されています。

また、生えるまでに至らない毛根にも作用し、弱っていた髪の毛を太く長く成長させる作用も期待されています。

壮年性脱毛症と呼ばれる遺伝性の薄毛または抜け毛にも、その発毛効果と育毛効果があり、抜け毛の進行予防にも使用されます。イギリスでは今だ高血圧の治療薬として処方されています。

「リアップ」はミノキシジルの液体タイプのお薬ですが、ミノキシジルタブレットは飲むタイプのお薬です。

※頭皮に塗るミノキシジルをご希望の男性はリアップx5の2倍の濃度で値段がほぼ半額のジェネリック薬であるツゲイン10%をご検討ください。

肌や頭皮が弱く、かぶれやすい人にお勧めです。海外では「ロテニン」という薬剤名で市販されています。

海外の臨床試験では、ミノキシジルタブレットを服用して3~4ヶ月で80%近い人に発毛効果が見られ、1年間使用を続けた人では、発毛効果を実感された方が95%と非常に優秀な結果でした。

日本皮膚科学界では、科学的根拠に基づいた育毛剤の効果効能を評価し、AGA(男性型脱毛症)に最もすぐれた効果が期待されるお薬として推奨度Aをつけたのは「ミノキシジル」と「フィナステリオ」の2つの薬剤だけです。

※市販の育毛剤(チャップアップ、スカルプD、ポリピュアなど)にはミノキシジル、フィナステリドは一切含まれませんので、育毛効果は全く立証されていません。

Aランクとは“行うよう強く勧められるもの”で、多くの病院やAGA治療専門クリニックなどでも積極的に使用されている診療方法です。

ミノキシジルはAGAの中でも特に頭頂部の薄毛に効果が高いとされています。頭頂部付近に毛細血管が集中しており、ミノキシジルの血管拡張効果が最も反映されやすいのがその理由です。

リジンを含んだサプリメントとの併用も効果的とされています。高血圧の治療薬として開発されたお薬のため、安全に服用いただくには様々な注意が必要です。

こちらのミノキシジルタブレットジェネリック薬のため育毛コストを大幅に節約できます。




□有効成分

ミノキシジルとフィナステリドは、それぞれ異なった作用機序で薄毛にアプローチすることが出来るので、併用することで相加・相乗効果が期待できます。

ミノキシジルで攻め、プロペシアで守ると形容されることもあり、これら2剤は組み合わせとしてもバランスが良いと言われています。

現在医療機関におけるAGA(男性型脱毛症)治療においても、ミノキシジルとフィナステリドを併用することが主流となっています。

これらに複合ビタミン剤や外科的治療を組み合わせることで治療をすすめていきますが、メインとなるのはミノキシジルとフィナステリドであるのです。

フィナステリドは内服で用いることがほとんどですが、ミノキシジルについては外用で用いる場合と、内服で用いる場合の2つのパターンがあります。 これらは本人の体質や医師の判断によって決定され、最も適した治療方法が選択されるのです。




□用法と用量

海外ではミノキシジルタブレット2.5mgと5mgの二つの用量が市販されています。

飲み始めは、1日5mg(10mgを半錠に割って飲む)から服用を開始することが推奨されています。

徐々に増量していき、3日以上空けて1日10mg、その後3日以上空けて1日20mg、さらに3日以上空けて1日40mgまで増量が可能です。

副作用やアレルギー症状がないことを確認してから増量してください。また、1日あたりの増量は、1日あたり5mg~10mgに収まるようにしてください。

副作用が気になる男性はミノキシジル外用薬が検討できます。

※ この商品の有効成分はミノキシジル10mgです。錠剤に20と書いてありますが、容量とは関係ございません。




□副作用

薄毛治療において有効性の高い成分であるミノキシジルですが、前頭部の薄毛に対しては効果が薄いということが言われています。

結論から言うと、効果が全くないということはありませんが、頭頂部などに比べると効果は出にくい可能性があります。

原因としては、前頭部には髪の毛に栄養を運ぶ役割のある血管がもともと少ないため、ミノキシジルによる血管拡張効果の恩恵を受けにくいと言うことが挙げられます。

また、AGA(男性型脱毛症)の原因となる5α還元酵素が他の部分に比べて多いこともあり、ミノキシジルの効果が出にくくなってしまうのです。

これらの対処方法として、5α還元酵素を阻害する薬剤であるプロペシアなどを併用することで、頭頂部の症状にも奏功する可能性があります。

また、日頃の生活習慣を改善することによっても、前頭部の血流改善などにつながるので、薬剤以外のアプローチも重要となるのです。




□特記事項

ミノキシジルは、国内でもリアップなどの商品名で販売されている成分で、薄毛の治療薬として90か国以上で用いられています。

当初は血管拡張剤として開発が進められていましたが、臨床試験を進めていく中で発毛効果があることがわかり、現在では薄毛治療に用いられるようになりました。

ミノキシジルの作用機序は、体内に吸収されることによって、平滑筋を弛緩させ、血管拡張を起こします。 頭皮において血管を拡張させることにより、血の巡りを改善して毛母細胞に栄養を与えることで発毛を促進することが出来るのです。

また、一部の研究によると、ミノキシジルが「SUR2B」という受容体を刺激することによって、発毛を起こすということもわかっています。

SUR2B受容体が刺激されることによってアデノシンが生成され、VGRF因子を介することによって発毛が起こるのです。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

ミノキシジルタブレット10mg