Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

バリフ20mg(レビトラジェネリック)|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

バリフ20mg(レビトラジェネリック)

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

バリフ(Valif)を低価格で通販いただけます。食事による影響が比較的少なく、服用後30分ほどでED(勃起不全)の改善効果を期待できます。レビトラのジェネリック薬になりますので、効果効能は同等ですが安くご購入いただけます。

有効成分:バルデナフィル20mg





□効果・効能

ED治療薬の中でも最速の効果!レビトラのジェネリックで価格もお得に!

バリフ(Valif)は、インドの大手製薬会社であるアジャンタファーマ(Ajanta Pharma)が発売しているお薬で、勃起不全症(ED)治療薬のひとつです。

ED治療薬とは、「勃起時に十分に硬くならない」「行為の途中で中折れしてしまう」などの症状を改善してくれるお薬です。

バリフには新薬のレビトラでおなじみの「バルデナフィル」が配合されており、世界中に愛用者がいます。陰茎の血流を促すことで勃起力を高め、ナイトライフをさらに豊かにするはたらきがあります。

ED治療薬では、「バイアグラ(Viagra/Sildenafil)」「レビトラ(塩酸バルデナフィル水和物)」「シアリス(Cialis/Tadarafil)」の3つが有名です。

バイアグラとレビトラは短期間でガツンと効き、シアリスは長期間ねばり強く効くことが特徴です。

副作用が気になる方は、マイルドな効果で副作用の少ないシアリスがおススメですが、とにかく効果を重視したい方は、バイアグラやレビトラ、バリフがおススメです。

特に、レビトラやバリフバイアグラの欠点である、効くまでの時間と食事との影響を改善したお薬です。

ED治療薬の中で、効き目が最も早くあらわれるお薬であり、急なタイミングではじまる性行為にも効果を発揮します。

バリフの成分バルデナフィルは、食事と同時に服用しても効果が落ちにくいため、食後の性行為にも使用しやすいお薬です。

水に溶けやすい性質から、早い方では服用して10~15分程度で効果を実感することができます。

効果の持続時間も改良されており、バルデナフィル10mgで約4時間、20mgで約10時間と、一晩を通して効果を発揮します。 (国内では5mg、10mg、20mgの3規格が承認・発売されています。)

週末などの時間に余裕のある性行為においても、非常に使いやすいお薬といえるでしょう。

バリフはレビトラのジェネリック医薬品に位置付けされるお薬なので、レビトラの効果はそのままに、安価でED治療を行うことが可能です。

レビトラの唯一の欠点ともいえる、経済的負担までもを解消したお薬なのです。

バリフに配合されているバルデナフィルは、陰茎の海綿体において血管拡張をさせることで、勃起力を向上させます。

性的刺激が起こると一酸化窒素(NO)が局所的に増え、cGMP(環状グアノシン一リン酸)が産生されます。

cGMPが増えることで勃起力は向上しますが、cGMPは時間がたつとホスホジエステラーゼ(PDE)5によって分解されてしまいます。

バルデナフィルはPDE-5を阻害することによってcGMPの分解をおさえ、海綿体における濃度を高めます。

その結果、血管平滑筋がゆるみ、陰茎組織へと血液が流れ込むことで勃起がおこり、EDが改善されるのです。




□有効成分

男性の性行為時の悩みである勃起不全(ED)に効果があります。

不完全な勃起や勃起が持続しない方に対しても効果があり、満足のいく性行為を行うことができます。

年齢を重ねておられる方や日頃のストレス、相手に対して緊張している方でも勃起を達成することが可能です。




□用法と用量

性行為の約1時間前を目安に、バルデナフィルとして20mg(バリフ1錠)を服用してください。

初回は10mg(半錠)~服用を開始し、効果が不十分である場合には1回20mgまで増量することが可能です。

ご高齢(65歳以上)の方、肝臓系の疾患をお持ちの方は、初回5mg~服用開始してください。また、バリフ1回の服用後、必ず24時間以上空けて服用することが定められています。

バルデナフィルは勃起を誘発するお薬ではありません。引き金となる性的な興奮や刺激によって起こった勃起を持続させるためのお薬です。

勃起不全と診断された方が服用するお薬です。性行為自体が心臓への負担があるため、勃起不全の治療を行う前に心疾患の検査を受けられることをお勧めいたします。

脂肪分の多い食事と併用した際、バリフの成分であるバルデナフィルの吸収が低下してしまう可能性があります。

約700kcal(≒牛丼1杯分)まではOKですが、それ以上のカロリーが多いお食事との併用は控えてください。空腹時の服用がより効果的です。食事後は30分以上空けて服用してください。

1回にバリフ2錠以上の服用は危険です。急激な血圧低下などのリスクを避けることができません。

バルデナフィルの服用により血圧への影響がありますので、高血圧の方や血圧を下げるお薬を服用中の方は、かかりつけ医や薬剤師に相談の上で服用を検討してください。




□副作用

国内の臨床試験では、バルデナフィルの副作用としてほてり・頭痛・鼻詰まり・心悸亢進(心臓がドキドキする)などが報告されています。

深刻な副作用は報告されていませんが、アレルギー様症状などが発現した場合は、すぐに服用を中止してください。

ニトログリセリン系の心疾患のお薬(ニトログリセリン(ニトロダーム)や硝酸イソソルビド(アイトロール)を服用中の方は、服用が禁じられています。

体調変化を感じた場合には、すみやかに医師などの専門家に相談するようにしてください。




□特記事項

以下の方はバリフを服用する際注意してください。

  • ペニスが構造上欠陥している方。ベニスが折れ曲がっていたり、繊維化(皮膚が硬くなっている)、ペロニー病(ペニスにしこりができる)が該当します。性行為が困難で、痛みを伴う可能性があります。
  • 持続性勃起症の素因となりえる疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病)のある方
  • ホスホジエステラーゼ-Ⅴ阻害薬または他の勃起不全治療薬を投与中の方は、併用の使用経験がないため、使用の際は気をつけてください。レバチオ・バイアグラシルデナフィル)、アドシルカ・ザルティア・シアリスタダラフィル)が該当薬になります。
  • 出血性疾患又は消化性潰瘍のある方は安全性が保証されていません。
  • シトクロムP450 3A4を阻害する薬剤を服用中の方は、使用量の5mgを超えないようにしてください。エリスロシン(エリスロマイシン)、クラリス・クラリシッド(クラリスロマイシン)などのマクロライド系抗生物質やカソデックス(ビカルタミド)が該当薬になります。他にもありますので、医師または薬剤師に相談してください。
  • 65歳以上の高齢者(臨床試験で健康な18〜45歳と66〜78歳の男性を比較したところ、後者の方がお薬の血中濃度(AUC・Cmax)約1.3〜1.5倍と高かった報告がありました)
  • 中程度の肝障害のある方は、低用量の5mgから使用するようにしてください。
  • α遮断薬を使用中の方。併用すると血圧が低下することがあります。治療が安定している状態を確認した上で、低用量の5mgから使用するようにしてください。また、併用する際は、α遮断薬との使用感覚を考慮するよう医師に相談してください。エブランチル(ウラピジル)、ハイトラシン・バソメット(テラゾシン)、カルデナリン(ドキサゾシン)、デタントール(ブナゾシン)、ミニプレス(プラゾシン)、ハルナール(タムスロシン)、フリバス(ナフトピジル)、ユリーフ(シロドシン)などが該当薬になります。




□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

レビトラジェネリック(バリフ)20mg