Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

ヤスミン (ヤーズジェネリック)|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

ヤスミン (ヤーズジェネリック)

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

ヤスミンはバイエル社が販売する黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合錠で、比較的新しい低用量ピルです。 経口避妊薬として有名ですが、月経困難症や更年期障害の治療にも広く使用されます。有効成分はドロスピレノン3mg・エチニルエストラジオール0.03mgです。

有効成分:Drospirenone(ドロスピレノン)3mg,Ethinylestradiol(エチニルエストラジオール)0.03mg





□効果・効能

「ヤスミン」は、エストロゲン・プロゲスチン配合剤(EP配合剤)に分類される鎮痛剤です。

日本ではヤーズ(Yaz)という商品名で販売されている有名な低用量ピルがヤスミンです。

低用量ピルは女性自身で妊娠と月経をコントロールできる薬で、高い避妊効果があります。正しく服用した場合の避妊成功率はほぼ100%です。

低用量ピルを服用すると脳下垂体は「女性ホルモンが十分に分泌されている=妊娠状態である」と認識し、卵胞の発育・排卵・子宮内膜の増殖が抑制されます。

子宮内膜が増殖せず薄いと受精卵が着床しにくくなるので妊娠しにくくなります。

また、黄体ホルモンの作用により子宮頸管粘液の粘り気が増して精子が通りにくい状態となることも低用量ピルの避妊効果を高める原因になります。

服用を中止すると、脳下垂体は再び卵巣を刺激して排卵を促します。

ヤスミン(ヤーズ)は避妊効果ももちろんありますが、世界では特に月経困難症の治療に広く使用されています。

排卵を抑えることで卵巣や子宮を休ませ、子宮内幕の過剰な増殖も抑えるので生理が軽くなり痛みが緩和されます。

また、ホルモンバランスを整える効果があるため生理不順や更年期障害の症状も改善してくれます。

ヤスミン(ヤーズ)は第四世代の低用量ピルと呼ばれており、第三世代までのピルと比べて体重増加やむくみ、ニキビや肌荒れの副作用が起こりにくいと言われています。

ニキビの治療には低用量ピルとスピロノラクトン製剤(アルダクトン)を組み合わせて服用する「ニキビのホルモン治療」がありますが、ヤーズはこのニキビ治療に使われやすいピルです。

ピルに配合されている卵胞ホルモンには妊娠した時のために栄養素や水分を蓄える作用や食欲が増進する作用があるため太りやすいと言われてますが、ヤスミン(ヤーズ)に配合されている黄体ホルモンのドロスピレノンには食欲増進効果がなく利尿作用があり、またニキビの原因である男性ホルモンを抑制する作用もあるため上記の副作用を抑えることができます。




□有効成分

生理初日から毎日同じ時間帯(誤差はなるべく6時間以内におさえてくだい。)に服用します。

21日間続けて服用し、22日目から7日間休薬をします。この合計28日間で1周期と呼びます。

ヤスミンは21錠で1シートなので、7日間の休薬期間を踏まえるとちょうど1周期分となっております。

この休薬期間に消退出血と呼ばれる生理が始まります。

29日目からは次の周期になりますので、新しいシートの服用を開始してください。

この2回目以降は生理による出血の状態に関係なく、必ず7日間の休薬期間翌日から服用を開始してください。

手帳やメモ帳で飲み始めた日に印をつけることをお勧めします。

ピルを服用している場合の生理は通常飛んだりしてもさほど問題ではありませんが、どうしても心配な場合や2回以上続けて来ない場合は婦人科の医師の診察を受けてください。

服用間隔が36時間以上空いた場合は、避妊効果が低くなる可能性があるので、避妊目的で服用している人は注意しましょう。

また、服用を始めてから避妊効果が現れるまでは約2週間を見ておいてください。

服用を忘れた場合は気付いた時点で服用し、当日分はいつも飲んでいる時間帯で服用しましょう。

2日分を同時に服用することは避けてください。勝手にピルを中止したり休薬期間を変えたり、飲み方を変えないでください。

特に避妊目的で服用している場合は正しい避妊効果を得られなくなります。

従来のピルは1周期の中で日によってホルモン量が違う錠剤を服用しなければいけませんでしたが、ヤスミンは1錠に含まれるホルモン量が全て一定のため飲み間違いの心配がなく簡単です。

もし服用時間を変えたいのであれば、12時間程度以内の時間の変更であれば特に問題ありません。服用時間における食事のタイミングは気にせず大丈夫です。




□用法と用量




□副作用

ピルはホルモンバランスを変化させる薬なので、全てのピルにおいて乳房の張り&痛み、めまい、頭痛、吐き気、体重増加、むくみ、肌荒れ(ニキビ)などのホルモンの変化による副作用が挙げられます。

飲み始めは多少副作用が出やすいですが、次第に身体が慣れて症状が軽くなります。ヤスミンは第4世代の超低用量ピルと呼ばれており、1~3世代のピルに比べると副作用が少ないです。

重大な副作用として、稀に重篤血栓症を起こすことがあります。

血栓症を起こすリスクは喫煙と年齢に大きく関係するため、35歳以上の方や喫煙される方は注意し、必ず医師の指示に従ください。

もし服用後に身体に異常が生じ日常生活に影響があるレベルであれば、服用を中止しすぐに医師の診察を受けてください。




□特記事項

服用してはいけない場合と併用してはいけない薬があるので注意が必要です。

妊娠中・授乳中、異常性器出血、乳がん・子宮がん・子宮筋腫などの女性疾患、35歳以上で1日15本以上の喫煙者、血管系の疾患・その既往歴、前兆を伴う片頭痛、心臓疾患、血管病変を伴う糖尿病、抗リン脂質抗体症候群、肝障害、脂質代謝異常、高血圧、耳硬化症、骨成長が途中の未成年といった、服用が禁忌とされる状態がたくさんあります。

何らかの疾患があるもしくは疑いがある方、その治療で薬を服用している方は服用前に必ず医師の診察を受け指示に従ってください。

特に心血管系疾患があると血栓症リスクが高まるので服用する本人が何もなくても家族に既往症があれば注意する必要があります。

喫煙は血栓症リスクを凄く高めるので、ピルを服用する場合は極力禁煙をしましょう。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

ヤスミン (ヤーズジェネリック)