Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

パイレックス(痔ケア)|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

パイレックス(痔ケア)

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

アーユルベーダ医学で痔疾に有効とされてきた薬草成分が豊富に配合されています。直腸の静脈のうっ血を解消して痔の出血と痛みを緩和します。

有効成分:ググル、ニーム、インドのグーズベリー、ウコン





□効果・効能

パイレックスはインド発祥の伝統医学アーユルヴェーダをベースにして開発されたサプリメントです。「肛門部位に作用し、痔を予防改善する」という画期的な効能を持つサプリメントです。

痔は肛門部周辺の静脈が圧迫されて血流が滞ることで発生する炎症性疾患です。大きく分類すると「いぼ痔(痔核)」「切れ痔(裂肛)」「痔ろう」の3種類があり、どれも激痛や出血などの苦痛を伴います。多くの人がかかりうるメジャーな疾患で、一度かかると再発率も高いです。

パイレックスの有効成分はグッグル・ニーム・ウコンなどの有名な天然ハーブです。何種類ものハーブがたっぷり配合されており、それらの多岐に渡る効果効能が肛門を優しくケアし、痔を予防改善してくれます。

パイレックスの主な作用>

  • 肛門の周囲組織や血管を保護して正常にする作用
  • 便を柔らかくして排便時の肛門の負担を和らげる作用
  • 排便を促す作用
  • 整腸作用
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用



□有効成分

  • パイレックスを1日2回朝晩、1回1錠を服用します。水や白湯で服用してください。
  • 即効性はあまりなく、継続的に服用することで次第に効果が発揮されます。少なくとも1〜2ヶ月は毎日続けて服用することをお勧めします。
  • 飲み忘れた場合は気付いた時に服用して問題ありませんが、一度に2回分を服用しないでください。過剰に服用すると予期せぬ副作用が起きるリスクが高くなります。



□用法と用量




□副作用

パイレックスの有効成分は全て天然由来の成分であるため基本的に副作用はありませんが、排便を促す作用があるため下痢症状が起きる可能性があります。軽度であればさほど心配いりませんが、減量・中止などで様子をみてください。

また、滅多にありませんが発疹や蕁麻疹などのアレルギー反応が起きる可能性があります。
もしもパイレックス服用後に異常な症状が起きた場合は、服用を中止して医師に相談してください。




□特記事項


  • パイレックスに含まれているハーブでアレルギーや副作用が起きたことがある方はパイレックスの服用を控えてください。
  • 妊娠中や授乳中の方は安全性が確立されていないのでパイレックスの服用を控えることを推奨します。
  • 重い食物・薬剤アレルギー、肝障害、腎障害、小児、高齢者の方はパイレックスの服用を開始する前に必ず医師に相談してください。
  • 併用禁忌薬は特にありませんが、何らかの薬やサプリメントを定期的に服用している方は医師か薬剤師に伝えてください。



□レビュー

初めての注文です、期待をこめて星5つです。
薬と違って副作用や飲み合わせの心配がないのかな。期待します


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

パイレックス(痔ケア)