Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

トリキュラー21|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

トリキュラー21

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

アンジュと同じ成分・配合の人気の低用量ピル!個人輸入No.1ピルならトリキュラー錠で決まり!婦人科では1シート3000円ですが、12ヶ月で8000円以下で購入できます。月経痛や子宮内膜症の予防にも。

有効成分:レボノルゲストレル0.05mg、エチニルエストラジオール0.03mg





□効果・効能

月経痛や子宮内膜症に!人気の低用量ピルをこの価格で!

トリキュラー21(Triquilar)は経口避妊薬、いわゆる低用量ピルです。

日本ではまだまだ浸透しているとは言えませんが、低用量ピルによる避妊は女性が主体的に行える避妊法として人気が高まっています。

正しく服用できている場合の避妊率がほぼ100%と、他の避妊法と比べて高いことも人気の理由でしょう。

また、トリキュラー21は服用中の生理(消退出血)がきちんと起こり、不正出血が少ないとも言われています。

含まれている成分はレボノルゲストレル(黄体ホルモン)とエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)という2つの女性ホルモンで、体内のホルモンバランスを調節することで排卵を止め、受精を防ぎます。

低用量ピルは黄体ホルモンの種類によって第1世代、第2世代、第3世代に分類されますが、レボノルゲストレルが含まれるトリキュラーは第2世代です。

また、トリキュラーは決められた順番に錠剤を飲むと黄体ホルモンが3段階で増えていく3相性を示します。

ちなみにトリキュラー(Triquilar)の「トリ(Tri)」は3相性(トリは3を意味する接頭語)に、「キュラー(quilar)」は先に発売されていた経口避妊薬のAnovlarとSequilarに由来しています。

トリキュラーは、バイエルアスピリンで有名なバイエル薬品から販売され、2013年時点で48ヶ国で承認を受けています。

日本では1999年に「トリキュラー21/トリキュラー28」という商品名で発売され、その後2006年に「トリキュラー錠21/トリキュラー錠28」へと変更されました。

近年では個人輸入や、当社のような個人輸入代理業者を使った通販を利用することで、安価で入手することができるようになりました。

低用量ピルは、年齢や生活習慣、治療中の病気によっては使用できない場合もあります。

したがって、初めて低用量ピルを用いる場合には、医師の診断を受けるようにしてください。

長期間にわたり服用する場合には、半年~1年に1回程度、血液検査や子宮がん検診などの診察を受けることをおススメしています。

トリキュラーをはじめとする低用量ピルは、避妊以外にも様々なメリットやデメリットを持っています。

あくまで受精を防ぐことが目的の薬ですので、エイズ性器ヘルペスクラミジア梅毒B型肝炎といった性感染症を防ぐことは出来ません。

そうした効果を得るためには必ずコンドームなどの別の方法を使う必要があります。

トリキュラーは日本で一番処方量が多い、一番人気のピルで、個人輸入通販でも一番売れています。ピル初めての女性にも人気で、大部分のユーザーは長期ユーザーです。

※日本では「アンジュ」という低用量ピルも人気ですが、製造メーカーが異なるだけで、アンジュとトリキュラーは成分・配合の同じ同等ピルです。




□有効成分




□用法と用量


エストロゲン依存性の悪性腫瘍(例えば,乳がんや子宮体がん・子宮頸がん)の治療中の方やその疑いのある方は、症状悪化の恐れがあるため服用いただけません。

性器出血がある方にも服用いただけません。

また、血栓性静脈炎や肺塞栓症、脳血管障害や冠動脈疾患などの血栓症の方は、トリキュラーの服用により症状悪化の危険性があるため服用いただけません。

35歳以上の女性で、1日に15本以上喫煙をされる方も注意が必要です。

35歳以上の女性で、1日に15本以上喫煙をされる方も注意が必要です。

国内の臨床試験の結果、心筋梗塞などのリスクが高いことが報告されています。

トリキュラーを服用される際は、禁煙をお勧めいたします。子宮筋腫子宮内膜症乳腺炎などの婦人科系疾患を治療中の方や既往がある方は、主治医や薬剤師に相談の上で服用を検討してください。

トリキュラーには高い避妊効果がありますが、HIVエイズ)感染や他の性感染症(梅毒,性器ヘルペス,淋病,クラミジア感染症,尖圭コンジローマ,腟トリコモナス症,B型肝炎等)を防止する作用はありません。そのため、性行為の際にはコンドームの使用をお勧めいたします。

※2019年1月よりフィルムコーティング錠へ仕様変更となりました



□副作用

トリキュラーや他の低用量ピルを使う際にはメリットだけではなく、起こる可能性のある副作用について知っておくことも大切。

副作用への不安から低用量ピルを使うかどうか迷っている方も、どんな症状が起こる可能性があるのか具体的に知ることで見方が変わるかもしれませんのでチェックしておきましょう。

トリキュラーを含め、低用量ピルの重大な副作用は血栓症です。

発現は非常にまれですが、元々血栓のできやすい疾患や体質であったり、喫煙、加齢によっても危険性は高くなりますので注意する必要があります。

血栓症は時に命にも関わる恐ろしい副作用ですが、ただやみくもに怖がるというよりは、足が急に痛くなる、あるいは浮腫んでくる、突然息切れを感じる、手足に力が入らない、麻痺があるなど血栓症の初期症状を知り、いつでも対処できるようにしておくことが重要です。

とはいえ、血栓症が起こるのは本当にまれですので、一般的に関係があるのは頻度の高い副作用ですよね。

最も起こりやすいのが悪心(胸がムカムカする、吐き気)で、その他に乳房緊満感や頭痛を感じる方も多いようです。

しかし、これらは繰り返し使用するうちに現れなくなるケースがほとんどのようですので初めのうちだけ我慢すれば使用には問題ありませんし、吐き気止めなどで対処することも可能です。

トリキュラーに代表される近年の低用量ピルはホルモン療法にともないがちな、次のような副作用が少ないというメリットがあります。

非常に多くの女性の間で愛用されるトリキュラーですのでピルが初めての女性にも使いやすいタイプの避妊薬と言えます。

  • 吐き気などの「つわり」に似た症状
  • 顔や手足のむくみ
  • 乳房の張り
  • 月経外の不正出血
  • 体重の増加



□特記事項


日本国内の女性クリニックでよく処方される人気の低用量ピルといえば、トリキュラー、アンジュ、マーベロンなどですね。

※アンジュとトリキュラーは、全く同じ成分が配合されています。販売しているメーカーの違いにより、異なる商品名で流通しているだけなので、効果効能についても違いはありません。

中でもトリキュラーは3相性ピルとよばれ、2種類の女性ホルモンが3段階に変化することで効果を発揮します。

近年では愛用者も増えており、人気のあるタイプのピルです。

女性クリニックでは1シートあたり2500~3000円ほどかかり、1回の処方に最大でも4ヶ月分のトリキュラーしか出してくれませんので、1年に3回は通わなければいけませんし、その都度、診察費がかかるため年間のピル代は30,000円を超えることもあります。

ピルの個人輸入通販ではトリキュラーを海外の価格で購入できるうえ、1回でピル12シートをまとめ買いでき、手間とコストを大幅に節約できるためこれほど人気なのです。

※ただし、ピルを安全に服用していくために、定期的に医師の診察を受けるようにして下さい。




□レビュー

長い間、生理痛と生理不順に悩まされていていました。
2週間でまた次の生理がきたり、数カ月来ないことがあったりで常に不安でした。
ネットで色々調べた結果、お値段も手頃で評価も高いトリキュラー21の購入を決めました。
飲みはじめて2年弱になります。
以前は、旅行の際に産婦人科を受診して低容量ピルを処方してもらっていました。しかし、あくまで緊急用のようで、まとめ買いができず、費用も高額で、日常的に使用することはできませんでした。
こちらのお店では、まとめ買いができ、お値段も病院で買うよりはるかに安いので大変助かっています。時期によってお値段に変動はあるようですが。500円クーポンが使えるときに購入するとお得になります。
こちらを飲みはじめてから、生理周期が確実にわかるようになり、生理開始日を数日ずらすことも簡単にできるようになりました(早めたい日数分飲むのをやめるor遅らせたい日数分多めに飲み続ける)。気分が悪くなるなどの副作用もありませんでした。生理痛についても、以前は痛み止めが必須でしたが、今は一切飲んでいません。とても快適に過ごせています。
迷っている方は、まずは少量購入して1,2ヶ月試してみるのが良いかと思います。使用期限については、2年半は余裕がありましたのでまとめ買いもおすすめです。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

トリキュラー21