Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

レクサプロ・ジェネリック(シプラレックス)|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

レクサプロ・ジェネリック(シプラレックス)

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

SSRI(第3世代抗うつ剤)レクサプロのジェネリック薬!うつ病パニック障害などに。

有効成分:Escitalopram(エスシタロプラム)10mg





□効果・効能

シプラレックス10mgは、有効成分としてエスシタロプラムシュウ酸塩10mgを含有する抗うつ薬です。

シプラレックスは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬SSRI)」という分類のお薬で、医療用医薬品でも「レクサプロ」として用いられている薬剤です。

シプラレックスはうつ病うつ状態社会不安障害といった、心の病気に用いることのできる薬剤です。

従来は三環系抗うつ薬四環抗うつ薬というお薬が用いられてきましたが、これらの薬剤は、効果は強いが副作用も強く、過量の服用によって死に至るおそれもありました。

SSRIは過量服用したとしても比較的安全で、かつ効果が出やすいため、現在では第一選択として用いられています。

国内で用いられているSSRIでは、ルボックスデプロメールパキシルジェイゾロフトなどが他に挙げられます。

シプラレックス(医療用ではレクサプロ)は国内では最も新しい薬剤ですが、世界では既に200か国以上で使われており、十分な使用経験も有しています。

従来のお薬では、投与開始における副作用軽減のため、治療用量に達するまで漸増(お薬を徐々に増やす)を行う必要がありましたが、シプラレックスではいきなり治療用量から服用することが可能となっています。

お薬をやめるときにも、徐々に減らすことなく中止したとしても、有害事象は報告されていないので、安全に使用することができる薬剤です。

類薬としては「セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)」や「ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)」などがありますが、これらはノルアドレナリンに対しても作用するので、SSRIよりも副作用が多いという特徴があります。




□有効成分




□用法と用量

レクサプロの効能・効果は「うつ病うつ状態社会不安障害」とされています。 用法及び用量は「エスシタロプラムとして10mgを1日1回夕食後に経口投与する。

なお、年齢・症状により適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日最高用量は20mgを超えないこととする。」とされています。

飲み忘れた場合は、気がついたときになるべく早く飲むようにして下さい。ただし、次の服用時点が近い場合には、忘れた分は飲まないようにして下さい。




□副作用

レクサプロの副作用としては「傾眠、悪心、浮動性眩暈、頭痛、口渇、倦怠感」などが報告されています。

これらの副作用は、服用開始時に比較的高い確率で発生することが分かっているので、注意をするようにしてください。

重大な副作用としては「けいれん、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、セロトニン症候群、QT延長」などが報告されています。

禁忌は「本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方、モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤投与中あるいは投与中止後14日間以内の方、ピモジド投与中の方、心電図などにおいてQT延長のある方」とされています。

うつ症状を呈する方において、希死念慮や自殺企図の恐れがあるので、服用する際には注意をするようにしてください。

セロトニン作用薬、SSRI、三環系抗うつ薬、βブロッカー、シメチジン、オメプラゾール、ワルファリンなどにおいて相互作用が認められているので、併用時には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。 (ここに記載した薬剤が全てではないので、注意をするようにして下さい。)

この薬剤では動物実験において胎仔毒性が認められているので、妊娠又は妊娠している可能性のある婦人については、医師の判断を仰ぐようにして下さい。

授乳婦については、成分が母乳に移行することがわかっているので、授乳を控えるようにして下さい。

海外で実施された6~17歳の患者を対象とした臨床試験において、6~11歳の患者においては有効性が確認できなかったとの報告があるので、12歳未満の方が服用する際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。




□特記事項





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

レクサプロジェネリック(シプラレックス10mg)