Fab「おくすり図鑑」

個人輸入代行おくすり紹介

クロミドジェネリック|効果|用法|副作用|くちこみ|個人輸入代行

 

クロミジェネリック

『目 次』

概要
効果・効能
有効成分は
用法と用量
副作用
特記事項
レビュー
購入先

 

□概要

不妊治療に用いる有名な排卵誘発剤。使用者の70~80%に排卵が。

有効成分:Clomiphene(クエン酸クロミフェン)100mg





□効果・効能

クロミッドジェネリック不妊治療に用いる排卵誘発剤です。成分のクエン酸クロミフェンが性腺刺激ホルモンの分泌を増やし、卵胞の成長と排卵をうながします。月経はあるが排卵しないという症状では、クロミッドジェネリックの服用者の70~80%の人に排卵が見られます。

不妊の原因にはいろいろあるので、排卵障害が原因であると推定されるときだけに使うお薬です。また、排卵誘発剤を使用して妊娠した場合は双子などの多胎妊娠の確率が通常より高くなります。




□有効成分




□用法と用量

  • クロミッド100mgは月経がはじまった日から5日目に服用を開始します。1日1回2分の1錠(50mg)を5日間のみます。
  • 月経から14日目くらいに基礎体温がもっとも下がるのが排卵の目安です。その日と次の日に性交して精子を採取します。
  • つぎの月経がはじまったら妊娠していないので、ふたたび上記の服用方法で服用します。これを3ヵ月くり返しても妊娠しない場合は、服用量を1錠(100mg)に増やします。



□副作用




□特記事項

排卵誘発剤は、病院で受診して不妊の原因が排卵障害であることを確かめてから使用してください。服用開始日(月経の開始から5日目)と服用期間(5日間)を正確に守ってください。

成分のクエン酸クロミフェンは、エストロゲン受容体をブロックして脳に「エストロゲン不足」という誤信号を送ることで、性腺刺激ホルモンの分泌をうながします。まだエストロゲンの分泌が盛んになっていないときにのんでも効果はありません。

また、服用開始が遅くなると子宮頸管や子宮内膜が実際にエストロゲン不足になり、受精や受精卵の着床をさまたげるはたらきをしてしまいます。

6カ月間使用しても妊娠しない場合は、もう一度医師に相談してください。

排卵誘発剤を使用して妊娠した場合は、双子や三つ子を妊娠する確率が通常より高くなりますが、排卵誘発注射と比較するとクロミッドでの多胎妊娠率は大幅に低くなります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

くすりエクスプレスにて販売しております。

クロミドジェネリック 100mg